睡眠中の呼吸をスムーズに|下肢静脈瘤は治療できる|ふくらはぎに違和感を覚えたら

下肢静脈瘤は治療できる|ふくらはぎに違和感を覚えたら

看護師

睡眠中の呼吸をスムーズに

悩む女性

首や喉の脂肪が原因

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中の無呼吸状態が断続的に繰り返されることです。無呼吸状態とは、10秒ほど呼吸が止まった状態のことで、これが一晩寝ている間に30回以上生じると、睡眠時無呼吸症候群とみなされます。原因は、多くの場合は首や喉での脂肪の多さにあります。起きている間は、筋肉によって脂肪は抑えられています。しかし寝ている間は、筋肉から力が抜けるため、抑えられなくなった脂肪がたるみます。それによって上気道が塞がると、空気が出入りしにくくなり、無呼吸状態になってしまうのです。呼吸がおこなわれなければ、酸素が入ってこないので、体はどんどん衰えていきます。それにより心臓や脳がダメージを受けることもあるので、睡眠時無呼吸症候群は早めに改善することが大事とされています。

様々な治療方法

睡眠時無呼吸症候群の治療は、重度の場合は手術によっておこなわれます。喉の入口にある口蓋垂の周辺を切開することで、上気道を広がりやすくする手術です。しかし軽度の場合は、マウスピースを装着して寝るだけで、徐々に改善されていきます。マウスピースが入っている分、口の中が広がり、その分空気の出入りがスムーズになるのです。また、睡眠中に専用の医療機器で、鼻に空気を送り込むという治療もおこなわれています。この医療機器には、シリコン製あるいはポリウレタン製の柔らかいチューブがついているのですが、これを鼻に挿入した状態で眠るのです。するとそこから鼻の中に空気が入ってくるので、一晩中楽な呼吸を持続させることができます。どちらの治療も、手術と比較すると体の負担が少ないことから、人気があります。